ケラマダイビング

慶良間諸島について

慶良間諸島

慶良間諸島は通称ケラマと呼ばれ、透き通るエメラルドグリーンの海に囲まれたダイバーにとって憧れの南国の島々です。沖縄本島から西に40km、大小20の観光で栄える島々です。
有人島は4島で残りは無人島となっていますが、年間を通してフェリーなどで往来する観光客は年間数十万人にのぼる人気のダイビングスポットとなっています。

慶良間諸島

夏季間は透明でブルーに輝く海と、一面に広がるサンゴ礁を見るために多くのダイバーが訪れます。また初夏には周辺を覆うサンゴが一斉に産卵する時期となり、満月の夜には月の光に照らされ貴重な産卵シーンを見ることができるため、多くのダイバーがケラマを訪れています。
ケラマがダイバーから人気を集める理由には、那覇から船で1時間もかからずに着くことができることから、日帰りダイビングが楽しめる手軽さがあります。また有人島の渡嘉敷島座間味島阿嘉島慶留間島にはそれぞれ宿泊施設があり、阿嘉島と慶留間島には橋が架けられ車で渡ることができるため移動の利便性もあります。
ケラマブルーと呼ばれるきれいな海と一面に広がるサンゴ礁が、2014年の年明けにも国立公園に指定される見込みがあるとして、観光とともに自然保護にも力を入れている海域でもあります。

慶良間諸島への行き方

慶良間の魅力

慶良間の魅力その1

ダイバーにとってあこがれの海となっているケラマには年間多くのダイバーが訪れます。いわゆるケラマブルーといわれる青く透き通った海は、数十m先まで見渡せるほど透明度が高く、人気のマンタやウミガメを眺めていると時間が経つのを忘れてしまうことでしょう。


慶良間の魅力その2

サンゴ礁や熱帯魚はもちろんのこと、ウミガメやマンタなど大物生物が見られることでも有名!また、白い砂地とサンゴ礁が続く輝きの世界には、南国特有のカラフルな色彩のフィッシュウォッチングを楽しめるたくさんのポイントがあります。特に人気のアオウミガメやタイマイとはいたるとことで遭遇すでき、ウミウシやガーデンイールなどのユニークな海の生物をのんびりと観察することもできます。


慶良間の魅力その3

慶良間のダイビングスポットは100近くあるといわれ、人気のアリガ―、運瀬、知志、男岩などなど、初級者から上級者まで慶良間の海を楽しむことができます。また海底の奥底まで続く絶壁には、トンネルやエアドームなどが数多くあり、地形ダイバーにとってはドリフトで流れるなか嬉しいポイントばかりです。


慶良間の魅力その4

そして何よりも人気となっているのは沖縄本島からのアクセスです。那覇から船で40分もかからずにダイビングに行くことができるため、その手軽さから那覇到着日のエントリーさえ可能なポイントなのです。以前は「ダイバーのためだけの島」のイメージが強かったのですが、今では小さなお子さんが遊ぶことのできるリゾート地もあり、ダイバー以外の観光客にも人気の島となっています。


慶良間諸島のダイビングポイントマップ


レベル別おすすめスポット一覧

ダイビングのお役立ち情報

ダイビングのお役立ち情報

沖縄でダイビングをするなら沖楽 沖縄でダイビングを予約すならこのサイト!!